栄養補給で自律神経失調症を治療|体を健康に保つポイント

専門医に相談しよう

瓶に入った生薬

症状は様々

ストレスや生活習慣の乱れなどが原因となる病気はたくさんあります。その中の一つに自律神経失調症と呼ばれるものがあります。これはその名の通り、自律神経の働きが十分ではない、バランスが崩れることにより様々な症状が現れている状態の事を指します。自律神経失調症の症状は、慢性的な疲労感、だるさ、めまい、頭痛、ほてり、耳鳴り、手足のしびれ、不安感、うつ症状などが挙げられます。ストレス社会と言われ、少なからず誰しもがストレスを感じている状態では、誰でも発症する可能性はあります。今後も患者数が減るということは無いと考えられます。治療法については、医薬品や漢方薬を使用した方法やカウンセリングを中心にした方法、理学療法など、一人ひとりに合った方法が選択されるようになるでしょう。

原因を取り除こう

自律神経失調症との診断を受けた場合には、生活に漢方薬を取り入れたり、マッサージを受けるなどすることにより、症状を改善することが出来る場合もあります。しかし、漢方薬を取り入れても、マッサージを受けても根本的な原因を取り除かなくては完治することは難しいと言えるでしょう。自律神経失調症の原因について心あたりがある場合には、それを取り除く努力が必要になります。必要に応じて休職をするという選択肢もあります。また、治療費については医師の診断があればマッサージなどの理学療法でも、漢方でも保険が適用されることがありますので、治療費を抑えることが出来ます。まずは、一人で悩まずに専門医に相談をするということが大切になります。